‘きつね、生霊、邪気・・とは?’

トラウマ

 

≪トラウマ(心的外傷/精神的外傷/trauma)≫


犯罪による被害(性被害など)
、過去の事故や災害、家族の死、いじめや親の辛い仕打ちや虐待などが起因。

体調不良、うつ、心身症、PTSDなどの発症や、仕事や家族といった対人関係など社会生活へも影響。

心や身体に苦しい症状が出る、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になることがあります。

 

いろんな文献では、こう書かれております。

~ 肉体的かつ精神的ショックによる心の傷  普通では対処しきれないような大きな衝撃による精神的な傷  PTSD(心的外傷後ストレス症候群)を引き起こす心の傷  精神的な打撃を受けることによる影響  過去に受けた辛い経験を思い出すことによる痛み  無意識に蓄積された過去の苦しみ  心的外傷後ストレス傷害  過去に心に傷を受けた状況に似た場面に遭遇した時のダメージ ~

 

かつて私は、東京荻窪にて整体院を開業しておりました。そこでは、カウンセリングをやっておりましたが、その中では主に「心を傷(トラウマ)を癒す」ことを大切にしておりました。それは、今生での子供の頃に受けたもの、大人になってから受けたもの、過去生で受けたもの まで対応しておりました。

子供のころに受けた虐待、親に愛されなかった、辛い仕打ちをされた、激しく何度も叱責された、長所ではなく欠点ばかりを指摘された 両親の不仲 親に甘えることができなかった 勉強ばかりして遊べなかった 大人になってもつづくいじめ 職場でのパワハラ 評価による心のキズ・・・・・

特にその中でも、子供の頃に受けたトラウマは、大人になった今でも、普通は奥底に眠っているのですが、なにかのきっかけ同じような場面に遭遇することで、痛みを感じたり、眠れなくなったり、人に言いたいことが言えなくなり、外に出るのが億劫になったり、仕事の人間関係がうまくいかなかったり、人と会うこと自体が怖かったりと、とても辛い思いをしている方が多いのです。

もちろん、職場で受けたトラウマは、その傷は深く多いだけに、最近、うつ病の原因ともなっており、深刻な問題です。

私は、主にそういった方々をサポートしたいと思い、カウンセリングという形でご相談を受けて、そのトラウマを癒して差し上げておりました。

その後、私の中で、邪気というものが、心や体の病気にとても密接に関係しているのではないかと思い、
ヒーラーとしても、トラウマに対処する方法として、現在の、邪気祓いや浄霊をするに至りました。

トラウマを受けた後に、年月を過ごすうちに、そのトラウマが原因で似たマイナス邪気を呼び込み、その邪気でトラウマが心の奥に隠れてしまうことがあります。

そして、邪気が蓄積すると、やがて、トラウマはほとんど顕在意識では自覚すらできない状況に陥ってしまいます。

そうなると、問題を残したまま、家庭社会生活を送るうちに、なにかしっくりいかない、なにか自分自身を解決しておかなければならない衝動が起こります。

しかし、本人は、潜在的に、自分のトラウマがあることを知っております。それが、あらゆる心理的不安定さの原因となるのです。

自己が統制できなくなり、心を体が不安定になり、自律神経失調症やうつなど様々な不調を訴えるようになります。

大概の方は、心療内科へ行くでしょう。重症の場合は、精神科でしょうか。果たしてそこでトラウマを発見してくれるでしょうか?

トラウマを癒すには、そのトラウマを認めてあげる必要があります。

傷がわからないのに何を治せばいいのでしょうか?

心の傷は、そう簡単にはわからないものです。

邪気で完全に覆われているからです。

整体院でカウンセリングをしていて、中々、本人がそのトラウマを気づくことができず、とても時間掛かり、苦労致しました。

 

しかし、やっと大きな解決のヒントを見出すに至ったのです。

 

「心の雲や霧を払って、心が見えるようにしてあげる必要がある」

 

繰り返しますが、邪気や霊的憑依によって、魂や心が本来の姿を隠しており、そのトラウマも見えなくなってきているからです。

邪気という心の雲や霧を払うと、本来の心が見えてきます。心の傷にも気づくでしょう。

 

心の傷がわかったら、あとは、軽いものでしたら、時間の経過とともに、癒されて改善していくでしょう。
原因が癒されていくことで、それによる体調不良や心も病気(軽度のうつ病など)を軽減していくでしょう。

しかし、かなり激しいショックによるトラウマ(PTSDなど)は簡単には癒えないので、病院やセラピストの手を借りた方がいいでしょう。

このトラウマのカウンセリングは、遠隔になりますが、別のメニューで承っておりますので、邪気や浄霊の後のケアのご相談としてご利用ください。

 

悪魔と悪霊

悪魔(ルシファーコード)

何かの理由で、悪魔神サタンによって、ルシファーコードというネットワークにつながってしまい、そこから大量に送りこまれる、悪霊や動物霊、主にきつね(狐)に憑依してしまうことがあります。

他にも、ベルゼブブ、バール、カイム、アモン、セオ、ドゥルガー(カーリー)、マルコシアス、パズズ、ネルガル、アエーシュマ、ラマシュトゥ(ラマツ)の悪魔がおりますが、約70~80%はルシファーのコードにつながっております。

最近は、ルシファーコードによる霊的汚染は拡大しております。
スピリチュアルや霊的世界に関わりがある人にはその可能性があります。

自分は神であるかのように言う人、神の代理人と公言しているような人は、ルシファーに利用され、いいように使われている可能性があります。もちろん、本人にはその自覚はまったくありません。

占い師、霊能者、チャネラーなどはその危険性があり、彼らを通して、悪霊や動物霊を送りこんでくるのです。そうやってルシファーは人間に深く関与してきているのです。

ルシファーは、明らかに悪であるかのようには近づいてきません。そして、ルシファーコードが繋がれた占い師、霊能者、チャネラーも、また同じです。ルシファーは元は天使であったのですから、悪の部分を隠して、天使として振る舞うことも、簡単なことでしょう。

また、彼らの占いやカウンセリング等を利用して、おかしくなってしまう方も増えております。直接に彼らと面識がなくとも、彼らのブログを読んだり、ホームページを通して、知らず知らずのうちに、ルシファーコードにつながってしまうのです。

ルシファーコードにつながっている場合は、狐なども大量に憑いていることが多く、また、悪霊も憑いていることがあるので、浄霊に時間が掛かります。

●悪霊

親族霊を含む不成仏霊が、長い年月を経て、悪霊化してしまうことがあります。

憑依されると、非常に波動が低くなり、精神と肉体へのダメージも大きなものとなり、深刻な精神疾患や体調不良を起こします。

悪霊の浄霊には、もし自分が成仏を希望しないのであれば、
過去の罪、過ちを認め、悔い改める、改心させることが必要です。

その説得が必要な為、浄霊まで時間が掛かります。

 

感情攻撃と呪い(のろい)

 

●感情攻撃(サイキック)

いわゆるサイキックアタックと呼ばれているもので、ネガティブなエネルギーの内、怒りや憎しみといった
邪悪な念により、悪意のある攻撃的な意識を対象者に送ってきます。

学校や職場でのいじめやパワハラ(パワーハラスメント)や家庭内暴力としての感情攻撃もあります。

生霊やのろいに比べると、攻撃は、一時的なものとなります。

感情攻撃を受けた子供や大人は、精神的に追い込まれ、うつ病などの心身に異常をきたすことが多いです。

●呪い(のろい)

いやゆるブラックと言われており、「生霊」と「呪い(のろい)」があります。

生霊か呪い(のろい)は鑑定により特定致します。

生霊は、エネルギー体として憑依しますが、呪い(のろい)は、人の念が飛んできます。

呪いは、意図的に攻撃してくる悪質なものであり、ダメージは、感情攻撃よりも大きなものとなります。

感情攻撃(サイキック)よりも、攻撃する念が強く、また、その時間は持続性あり、
受けた者のダメージはとても大きく図り知れません。

受けた者は、うつ病(うつ傾向、うつ状態)などの精神疾患や自律神経失調症、不眠症や心身症など
の原因不明の体調悪化、さらには、登校拒否、出社拒否、家庭内ひきこもり、家庭内暴力に至るケースも
少なくありません。

プロの呪術者に依頼するケースもあります。その場合は、さらに深刻になるこもあります。

*****************************************************************

※当方に依頼されてきた方には、まず、感情攻撃(サイキック)か呪い(のろい)のどちらかを
鑑定します。その後、どちかであれば、そのダメージを消去致します。

※さらに今後、感情攻撃や呪い(のろい)を止める為に、
誰がそれを送ってきているかを依頼者の協力のもとで特定します。
その後、止めるように対処致します。

※さらに、ご依頼者にバリアにより保護を張ります。
もし、また感情攻撃があっても身を守るように致します。

※呪い(のろい)を掛けられた場合でも、同じくバリアを掛けることにより、その呪い(のろい)を
仕掛けてきた相手にそのまま打ち返すように致します。

*****************************************************************

 

動物霊(憑き物)

 

それぞれの動物霊(憑き物)は、自分の波動や波長に合っているものに憑くようです。
憑依される人は、その動物霊に似た性質を持っていると、同じ波動を引き寄せてしまうのです。
とくに、不平、不満などマイナスのエネルギーに引き寄せられて、心のスキを憑いてきます。

動物霊には、次の種類が考えられます。
犬、猫も、猿、馬も憑くことがありますが少ないので説明は省略します。
蛇(ヘビ)、狐(キツネ)が憑くのが多いのは、人間が似た波動や性格を持っているので、
呼び寄せるからでしょう。中でも、キツネの性格は人間によく似ております。

○いわゆる自然霊といわれるもので、肉体人間として転生したことのない存在です。
蛇(ヘビ)、狐(キツネ)、狸(タヌキ)、野狐(ヤコ)、天狗、龍などです。

○眷属神から蛇に落ちたものもおります。
その場合は、浄霊ではなく、その人を守護する眷族神に戻します。

○生死を問わずに人間の想念(執念など)が、動物として魔物化したもの。またはその集合体。
蛇(ヘビ)、狐(キツネ)、狸(タヌキ)などです。

・強い執着、未練、妬み、嫉妬などが「蛇」と化します。
・卑怯さや姑息さ、人の不幸を喜ぶ念が「狐」と化します。

○亡くなった動物(飼っていたペッドが亡くなったり)の不成仏霊
動物霊が憑くとどうなってしまうのでしょうか?

■一般的に
・表情やしぐさ、体の動きなどが、とり憑いた動物霊に似てくるようです。
・動物のように本能のままになってきます。
・突然、「私は○○の神様です」と言いだすことが多いです。
・動物の体臭があることもあります。
・部屋を片付けられなくなる。
・本能が表に出てきて、強欲になる。
・浅知恵を働かす。
・動物のような食べ方をする。
・豹変する。
・眼光が異様に怪しく光る。
・肩や首が凝る。
・急に肩が重くなる。
・うつ病や統合失調症などの精神病をきたす。

■蛇(ヘビ) -蛇憑き-

≪特徴≫
・攻撃的。
・執着が強い。
・憎しみを植え付ける。

≪症状≫
・ねちっこい性格になる。
・性欲が強くなって、その欲求がコントロールできなくなる。狐の場合もある。
・陰湿になる。
・冷酷になる。
・猜疑心がとても強くなる。
・くねくねと体が動く。
・舌を出すような仕草をする。
・色っぽくなる。
・酒の多く飲むようになる。
猜疑心が非常に強く・

■狐(キツネ)野狐(ヤコ)-狐憑き-

≪特徴≫
・平気で嘘をつく。
・人を騙す。
・プライドが高い。
・派手さを好む。
・見返りを求める。

≪症状≫
・攻撃的になる。
・ヒステリックになる。
・目つきや顔つきが急に変わる。
・目がつりあがり、キツネ目になる。
・飛び跳ねるようなしぐさをする。
・尊大な態度を取り出す。
・情緒が不安定になる。
・性的な誘惑をする。
・感情の起伏が激しくなる。

・キツネに憑依されて、突然、ヒーリングや霊視ができるように場合がありますが、それは所詮キツネの力なので、一時的なことが多いようです。
本人が霊能力を常日頃強く望んでいると、狐(キツネ)を引き寄せることがあります。見分けるポイントは、その力を誇示しているかどうかです。必要以上に具体的なことを言ったり、大げさに見せつけたりします。
本物のヒーラーや霊能者であれば、むしろ、自分の力に対してとても謙虚なものです。もちろんこれは、ヒーラーや霊能者の限ったことではなく、一般的に当てはまると思います。

狸(タヌキ)-狸憑き-

≪特徴≫
・人の欲を利用して、怠惰さや金もうけへ誘う。
・人の心を読むのが得意です。

≪症状≫
・大酒を飲む。
・よくしゃべるようになる。
・不潔になる。
・快楽におぼれる。

 

 

邪気

 

自分のエゴが原因で生じる、邪悪な念。または、マイナスの波動を発するエネルギー。

自分が発生源となることもあれば、他人の邪気を拾うこともあります。

また、自分が原因で生じた邪気は、マイナスエネルギーとなって、
不成仏霊や動物霊をも呼び寄せ、憑依されることもあります。

人間以外にも、汚れた井戸や水脈、電磁波や食品添加物、自動車の排気ガスなども、
人体に悪い影響を及ぼすことから、広い意味で邪気です。

尚、私の邪気祓いでは、このような人間の念以外の、電磁波や食品添加物、自動車の排気ガスも祓います。
現時点では、約70%祓うことができます。

● 他人の不幸を喜ぶ、願うことで生じる念。

● 不平や不満を持つことで生じる念。

● 愚痴や陰口を言うことで生じる念。

● 自分勝手な言動をして、わがままな態度をとることで生じる念。

● すべての事を自分が悪いのではなく、他人のせいにすることで生じる念。

● 仕事や家庭で過剰なストレスを溜めこむことで生じるマイナスの波動。

● 物事がうまくいかないことで生じるイライラのマイナスの波動。

● 食品添加物や農薬などの食品に含まれる化学物質。

● 遺伝子組み換え食品など人工的に造られた食品。

● 自動車の排気ガスなどの、空気中の汚染物質。

● 電気製品や携帯電話から発する電磁波による障害。

● 大量の化学物質による化学物質過敏症。

● 過剰投薬による有害物質の蓄積(主に肝臓障害)。

● 水脈のよる障害。ジオパシフィックストレス。

● 汚れた井戸による障害。

 

« *次のページへ⇒⇒
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >