京都/鞍馬寺金堂

 

京都に来たのは、高校の修学旅行以来だから、相当久しぶりである。

この日の京都は雪であった。

雪の京都もまた、風情があって、いいではないか。

初日は、下賀茂神社、清明神社、京都御所に参拝し、次の日はは鞍馬へ。

セラピストの間では、なんといっても鞍馬が人気であり、それにあの源義経に縁のある場所である。

京都では、神社などパワースポットを巡ったが、ここが一番来たいところであった。

鞍馬は、もう雪が積もり、美しい雪景色となっていた。

叡山電鉄鞍馬線で鞍馬駅を降り、まずは、仁王門へ。さらに歩いて由岐神社へ。

そして、源義経(牛若丸)が幼少の頃を過ごした寺、本殿金堂へ。

天のエネルギーが降りるといわれている、鞍馬寺正殿の金剛床で六芒星を写真を撮ったら、

何かエネルギーの噴出しているようなものが写り込んでいた。

何であろう。少し気味が悪いが、これが天のエネルギーか。

エネルギーがこちらに向かってくるようで、功徳を感じた。

また、金星からこの地に降り立ったサナート・クマラと関係してるかもしれない。

京都鞍馬寺金堂

次に、僧正ガ谷不動堂、奥の院・魔王殿へ、

次に、縁結びで有名な貴船神社へ。

くらま温泉に入り、夜行バスで東京への帰途についた。

 

 

タグ: ,