不成仏霊(先祖霊・他仏)

 

成仏できずに、この世に未練を残し、苦しみながら、さまよっている死んだ人の霊。未成仏霊とも言います。

成仏していない、親族霊(先祖霊)と、それ以外の血縁関係のない他人の霊があります。

 

具体的な例をあげてみます。

 

●自分と波長のあった人に取り憑く。

●自分の亡くなったことを受け容れることができない霊。

●満足な葬式をあげられなかったことを親族に知らせる為、憑依してしまう霊。

●戒名がついてないことを親族に知らせる為、憑依してしまう霊。

●子供の事が心配で成仏できない霊

●志半ばで亡くなり、仕事をやり残した霊

●自分が死んだ事を知らない霊

●非業の死を遂げた者

●交通事故や急病で突然死んでしまった霊

●苦しみながら死んだ霊

●やむなく自殺した霊

●憑依して、その身体を借りて、飲酒や飲食の欲望を満たす霊。

●霊界に上げてもらいたくて憑依してくる霊。

 

≪不成仏霊に憑かれるとなる症状≫

●肩が凝る。急にズシンと肩が重くなる。

●吐き気がする。

●背中がゾクゾクしたり、寒気がする。

●異様な眠気におそわれる。

●目つきがおかしくなる。

●妙に落ち着かなくなり、精神不安定になり、イライラする。

●集中力ややる気がなくなる。

●悪夢を見る。

●奇怪な現象が起きる。

●原因不明の高熱が続く。

●難病になる。

●職場や家庭でトラブルが起こる。

●仕事や商売が繁盛しない。

●なにをやってもうまくいかない。

 

タグ: