動物霊(憑き物)

 

それぞれの動物霊(憑き物)は、自分の波動や波長に合っているものに憑くようです。
憑依される人は、その動物霊に似た性質を持っていると、同じ波動を引き寄せてしまうのです。
とくに、不平、不満などマイナスのエネルギーに引き寄せられて、心のスキを憑いてきます。

動物霊には、次の種類が考えられます。
犬、猫も、猿、馬も憑くことがありますが少ないので説明は省略します。
蛇(ヘビ)、狐(キツネ)が憑くのが多いのは、人間が似た波動や性格を持っているので、
呼び寄せるからでしょう。中でも、キツネの性格は人間によく似ております。

○いわゆる自然霊といわれるもので、肉体人間として転生したことのない存在です。
蛇(ヘビ)、狐(キツネ)、狸(タヌキ)、野狐(ヤコ)、天狗、龍などです。

○眷属神から蛇に落ちたものもおります。
その場合は、浄霊ではなく、その人を守護する眷族神に戻します。

○生死を問わずに人間の想念(執念など)が、動物として魔物化したもの。またはその集合体。
蛇(ヘビ)、狐(キツネ)、狸(タヌキ)などです。

・強い執着、未練、妬み、嫉妬などが「蛇」と化します。
・卑怯さや姑息さ、人の不幸を喜ぶ念が「狐」と化します。

○亡くなった動物(飼っていたペッドが亡くなったり)の不成仏霊
動物霊が憑くとどうなってしまうのでしょうか?

■一般的に
・表情やしぐさ、体の動きなどが、とり憑いた動物霊に似てくるようです。
・動物のように本能のままになってきます。
・突然、「私は○○の神様です」と言いだすことが多いです。
・動物の体臭があることもあります。
・部屋を片付けられなくなる。
・本能が表に出てきて、強欲になる。
・浅知恵を働かす。
・動物のような食べ方をする。
・豹変する。
・眼光が異様に怪しく光る。
・肩や首が凝る。
・急に肩が重くなる。
・うつ病や統合失調症などの精神病をきたす。

■蛇(ヘビ) -蛇憑き-

≪特徴≫
・攻撃的。
・執着が強い。
・憎しみを植え付ける。

≪症状≫
・ねちっこい性格になる。
・性欲が強くなって、その欲求がコントロールできなくなる。狐の場合もある。
・陰湿になる。
・冷酷になる。
・猜疑心がとても強くなる。
・くねくねと体が動く。
・舌を出すような仕草をする。
・色っぽくなる。
・酒の多く飲むようになる。
猜疑心が非常に強く・

■狐(キツネ)野狐(ヤコ)-狐憑き-

≪特徴≫
・平気で嘘をつく。
・人を騙す。
・プライドが高い。
・派手さを好む。
・見返りを求める。

≪症状≫
・攻撃的になる。
・ヒステリックになる。
・目つきや顔つきが急に変わる。
・目がつりあがり、キツネ目になる。
・飛び跳ねるようなしぐさをする。
・尊大な態度を取り出す。
・情緒が不安定になる。
・性的な誘惑をする。
・感情の起伏が激しくなる。

・キツネに憑依されて、突然、ヒーリングや霊視ができるように場合がありますが、それは所詮キツネの力なので、一時的なことが多いようです。
本人が霊能力を常日頃強く望んでいると、狐(キツネ)を引き寄せることがあります。見分けるポイントは、その力を誇示しているかどうかです。必要以上に具体的なことを言ったり、大げさに見せつけたりします。
本物のヒーラーや霊能者であれば、むしろ、自分の力に対してとても謙虚なものです。もちろんこれは、ヒーラーや霊能者の限ったことではなく、一般的に当てはまると思います。

狸(タヌキ)-狸憑き-

≪特徴≫
・人の欲を利用して、怠惰さや金もうけへ誘う。
・人の心を読むのが得意です。

≪症状≫
・大酒を飲む。
・よくしゃべるようになる。
・不潔になる。
・快楽におぼれる。

 

 

タグ: ,